【コピペ】 坂上忍に突っ込まれた海外視察 に 北九州市議が猛反論! 公開された報告書の内容は

スポンサーリンク

北九州市議の海外視察が坂上忍の番組に直撃される

視察の実態が全国放送され大きな話題に

2018年10月5日にフジテレビ系列で放送された、「坂上忍の実録!金の事件簿」では、北九州市議の海外視察の実態が放送され、大きな話題になりました。
視察中の飲酒や、添乗員を連れての買い物、視察とは関係なさそうな観光などの様子が、明らかになったのです。

「すごいお買い得~」坂上忍 金の事件簿 で突っ込まれた 北九州市議 スペインとフィンランドに海外視察した議員は誰
買い物や飲酒をする様子が放送された 北九州市議団は、「環境」「エネルギー」「女性活躍」「IoT」「福祉」などをテーマとして、スペインとフィンランドへの海外視察を6月24日から7月1日まで実施しました。 佐々木健五市議を団長とする市議8名...

この視察には、800万円の税金が使われているといいます。

番組の中で、井上秀作議長はこう話しています。

「これだけの分量の報告書を毎年出してきているウチの議会は、他の議会に比べたら、随分まじめな議会だなと、私は思っています」

スポンサーリンク

視察に参加した北九州市議は「悪意のある放送」だとして反論

ブログで反論したのは田中元北九州市議

視察に参加した、田中 元(たなかはじめ)議員は「悪意のある放送」だとして、facebookとblogで反論しています。

昨日放送された海外視察についての釈明と事実をお伝えしたくブログに掲載致しました。
facebook削除済み

北九州市の名を悪い意味で全国に放送されてしまい、お騒がせしたことにつきましては真摯に心からお詫び致します。
しかし、北九州市民の皆さまには悪意のある放送された内容を鵜呑みにせずにしっかりと見て頂きたく存じます。
「北九州市議会 海外視察報告書http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000814348.pdf」を検索して頂ければ、訪問した一人一人の議員の報告や感想などがご覧いただけます。
市民の皆様に報告する為の報告書ですので、ぜひ見て頂きたいものです。
田中元のblog削除済み
Googleのキャッシュ

※facebookの投稿は10月11日に削除、blogとtwitterは10月14日に削除されました。

田中元議員はブログで「北九州市民の皆さまには悪意のある放送された内容を鵜呑みにせずにしっかりと見て頂きたく存じます」と力強くのべています。

確かにそのとおりで、北九州市民の税金が正しく使われているかどうかは、北九州市民が判断すべきことでしょう。

というわけで、議長自らが自信をもって「まじめ」だと称賛する、報告書の中身を調べてみました。

スポンサーリンク

反論した 田中元北九州市議の報告書を調べてみた

1万字を超える田中元議員の報告書

北九州市議会は、取材後はじめて178ページにわたる海外視察の報告書を公開しました。

中でも、麻生太郎議員の秘書を10年務めた経験をもつ 自由民主党 無所属の会田中元(たなかはじめ)議員は、表紙含め18ページ、1万字を超える報告書を提出しています。

それでは、田中 元(たなかはじめ)議員の報告書より、ほんの一部を紹介しましょう。

REE社CECRE(電力コントロールセンター)の報告書

まずは、6月25日に視察した、REE社の報告書冒頭部分です。

近年世界各国で風力や太陽光などの再生可能エネルギーの普及に力が注がれている。
その中でも特に積極的かつ先進的なのはヨーロッパ諸国である。
そこで年間電力のうち40%近くを再生エネルギーで賄うスペイン唯一の送電会社REE社の電力コントロールセンターCECRE において話を伺った。
スペインの再生エネルギーで最も割合が高いのは全体の 19.1%を占める風力発電であり、風力発電の推進を掲げる我が市北九州市にとっては学ぶこと大である。
田中元議員の報告書

では、太陽光発電所の監視システムを提供している、NTTスマイルエナジー社のブログです。

近年、世界の各国において、風力・太陽光等の再生可能エネルギーの普及に力が注がれています。
その中でも、特に積極的なのは、ヨーロッパの国々です。
そこで今回は、年間電力消費のうち4割近くを再生可能エネルギーでまかなうスペインの再エネの現状をご紹介します。
スペイン唯一の送電会社「REE」社の2015年の発電量の見込値の発表によると、スペインの再エネで最も割合が高いのは「風力発電」で、全体の19.1%にのぼります。
エコめがねエネルギーBLOG

4割が40%に直されていたりと微妙に違いますが、ほぼ同じ文章が見つかりますね。

プラド美術館の報告書

続いて、同じく6月25日に視察した、プラド美術館の報告書の冒頭部分をご紹介します。

スペインの首都マドリード市には世界三大美術館の一つと言われるプラド美術館がある。
所蔵作品は約2万点。展示作品も数千点あり、全ての作品をゆっくり見るには何日もかかるほどの規模である。
数あるコレクションの中でも見逃せないのはベラスケス、ゴヤ、エル・グレコの三大巨匠の作品
田中元議員の報告書

それでは、個人旅行ガイドTABIJOZUで、プラド美術館を紹介するページを見てみましょう。

マドリードで絶対に訪れたいのが、世界三大美術館の一つとも言われるプラド美術館です。
所蔵作品は約2万点、展示作品も数千点にのぼり、全ての作品をじっくり見るなら何日もかかるほどの規模を誇っています。
数あるコレクションの中でも見逃せないのが、ベラスケス、ゴヤ、エル・グレコの三大巨匠の作品です。
TABIJOZU

こちらは、語尾以外は、ほぼコピペと言ってよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ブランドバッグを購入した奥村よし子議員の報告書を調べてみた

マドリード市の報告書

続いては、ブランドバッグを購入している様子を放送された、奥村よし子議員の報告書です。

6月25日に環境エネルギー政策について視察したのが、マドリード市です。
報告書の冒頭をみてみましょう。

EU 基準を超えているため、モビリティ・ごみ処理・住宅インフラ等エコシステムに変えていく政策をとっている
日本は市民協力があるが、マドリード市民は環境協力をするという意識が低い為、現在エネルギー&エコを目指していることを市民に理解して頂き、市民協力を求めていくことが課題である。
奥村よし子議員の報告書

出だしから主語がなく、何がEU基準を超えていて、それが良いことなのか良くないことなのかも、さっぱりわかりません。
報告書全体に渡り、メモ書きのような文章の羅列が続いていて、正直読んでも意味不明です。

REE社CECRE(電力コントロールセンター)の報告書

6月25日に視察した、REE社の報告書も、箇条書きで意味不明なのですが、最後の所感の部分をみてみましょう。

国の資本が20%入った民間送電会社であるREE 社 国家の電力供給を保障する責任を持たされている。
スペイン国内電力の需要予測を日々行いバランス調整 火力と水力に関しては4 秒ごとに出力調整
2008 年スペインの全国規模の強風により、風力発電の発電率が1 日の内に一時的に40.8%まで高まったこともあったが、瞬時の系統バランスを取ることで停電などの危機を乗り越えたという。
奥村よし子議員の報告書

では、またまた、NTTスマイルエナジー社のBLOGをみてみましょう。

「REE」社は、国の資本が20%入っているとはいえ、スペイン国内の送電業務を一手に任されている民間会社で、国家の電力供給を保障する責任を持たされています。
「REE」社は、スペイン国内電力の細かな需給予測を日々行い、その上で需給バランスを調整するために、火力と水力発電に関しては4秒ごとに出力調整を行っているのです。
2008年に、スペインは、全国の強風により風力発電の発電比率が1日のうちに一時的に40.8%まで高まったこともありましたが、「CECRE」の開設後であったことから、この危機も無事に乗り切ったといいます。
エコめがねエネルギーBLOG

奥村よし子議員は、田中元議員とともに、NTTスマイルエナジーを視察したのでしょうか?

ケーブルファクトリーの報告書

6月30日にヘルシンキのケーブルファクトリーを視察した報告書をみてみましょう。

ノキアの工場を再利用したことにより、イベントや展示会、マーケット、フェスティバル等、ヘルシンキ市運営の総合スペース施設として再生した事例である。
奥村よし子議員の報告書

トリッププランナーというサイトの Kaapelitehdas(ケーブルファクトリー)のページをみてみましょう。

ノキアの工場であった建物を再利用し、今では年間を通して様々なイベントや展示会、マーケット、フェスティバルなどを行っている、ヘルシンキ市運営の総合スペース施設
トリッププランナー

こちらもほぼコピペですよね。

スポンサーリンク

他の北九州市議の海外視察報告書はどうなの?

北九州市議会のホームページでみられます

北九州市議会のホームページでは、全178ページにわたる海外視察の報告書が公開されています。

視察団の団長である 佐々木健吾北九州市議は「北九州市民は納得するか」という問いに対して、こう答えています

「それは市民が決めることだから」
「みんな市民がおかしいと思ったら(選挙で)落とすでしょ」

スポンサーリンク

書き写したがコピー・アンド・ペーストはしていない

議員2人が16日、毎日新聞の取材に複数箇所での引き写しを認めた。

北九州:海外視察報告、複数市議がブログ写す コピペ否定 - 毎日新聞
 北九州市議会の一部議員が海外視察で公務中に飲酒していた問題を巡り、問題発覚後に公開された視察報告書で、複数の議員がネットのブログなどの文章を引き写していたことが判明した。元の文章ほぼそのままの記述もあり、議員2人が16日、毎日新聞の取材に複数箇所での引き写しを認めた。一方、市議会は同日、飲酒問題へ

北九州市民の皆さん、どうですか?

ぜひ感想をシェアしてくださいね。