歌唱王2018に参戦した大分の歌うま女子高生がバイトする大分のラーメン店「嫁の中華そば」とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歌唱王出演者がバイトする嫁の中華そばとは

大分県大分市の人気ラーメン店です

嫁の中華そば は、大分県大分市に2017年11月にオープンしたラーメン店です。
九州では豚骨ラーメンのイメージがありますが、嫁の中華そばは、醤油ベースの中華そばのお店です。
濃厚な味のラーメンを出す店が多い大分で、しょうゆだれと平打ち縮れ麺の味が人気を呼び、開店前から行列ができるほどの人気店です。
2018年12月27日に日本テレビ系列で放送された、歌唱王~歌唱力日本一決定戦~に出演した、ミュージカル女優を目指しながら通信制高校に通う田中なずなさんがアルバイトをしている店として、インパクトのある名前が話題になりました。

スポンサーリンク

嫁の中華そばという店名の深い理由

大分で中華そばを出すのには東日本大震災との関係が

嫁の中華そばの店先には、このような文字が掲げられています。

「白濁豚骨以外は認めない」わたしもそうでした。
だけど試しに食べてみてください。初めての味に驚くでしょう。
もう一杯食べた時、私が店を開いた意味がきっとあなたにも伝わると思います。

豚骨ラーメンが主流の九州で、しょうゆベースの中華そばの店を出しているのか、そして、嫁の中華そばという変わった店名の由来も以外なところにありました。
嫁の中華そばの店主である(嫁)さんは大分生まれの大分育ち、宮城県で生まれ育った(夫)と出会ったきっかけは、東日本大震災でした。
震災で住む場所を失った被災者を支援していた大分県別府市に移り住んだのがきっかけで、二人が出会います。
食べたいラーメンがないと嘆く(夫)さんと、ラーメンは豚骨しか認めないという(嫁)さんでしたが、実家のある東北で中華そばに出会った(嫁)さんは、その味に衝撃を受け、大分に中華そばの店を出すことを決断したのです。
2017年11月11日にオープンし、途中(嫁)さんの入院による長期休業があったものの、11月に一周年を迎えています。
インパクトのある 嫁の中華そば という店名の裏には、こんなエピソードがあったのです。

スポンサーリンク

嫁の中華そばの中華そばはどんな味

本場の麺とスープをベースに大分の素材を活かした味

麺は、柔らかくモチモチした食感の平打縮れ麺。大分には作っている製麺所が無いため、東北から取り寄せています。
スープは鶏スープと魚介スープを食べる直前に合わせるダブルスープで、しょうゆだれは地元大分のものを採用しています。

スポンサーリンク

嫁の中華そば

住所

大分県大分市府内町2-6-22
田崎ビル 1F (県庁そば)

営業時間・休業日

営業時間・休業日は不定期ですが、facebookやtwitterで随時お知らせされています。

嫁の中華そば
嫁の中華そば、大分市府内町 田崎ビル - 「いいね!」765件 - 小売・販売