【落とし穴あり】Tポイントカードを解約して個人情報を消す方法 ハマりやすい5つのトラップも紹介

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

Tポイントカードをなぜ解約するのか

個人情報の不安から解約を検討する人が増えています

Tポイントカードの購入履歴など、個人情報が警察に提示されていたというニュースが流れたのもあってか、ネット上ではTポイントカードの解約を検討しているという声が増えています。

Tポイントの解約方法は間違った情報が流れています

Tポイントカードの解約を検討する人が増えた結果、twitterやblogなどで解約の経験談を見かけることが多くなりました。
しかし、その中には、解約したつもりが手続きが間違っていて、全く解約できていない ケースがたくさん見つかります。
ネットには、間違った解約方法も多く流れているので、正しい解約方法を説明します。

スポンサーリンク

Tポイントカードの解約方法でよくある5つの間違い

Tポイントの有効期限が切れたからOK → 解約になってません

Tポイントの有効期限が切れても自動解約にはなりません。
Tポイントの有効期限は、最後にTポイントカードを使ってから1年間です。
最後にTポイントを「貯める」「使う」「交換」してから1年がすぎると、Tポイントは消えてしまいますが、Tポイントカードが自動で無効になるわけではありません。
最後の利用から1年過ぎていても、Tポイントが無効になっただけで、Tポイントカードの機能はそのまま有効です。
有効期限が切れている状態でも、解約はできていません。

Tポイントカードにハサミを入れればOK → 解約できてません

Tポイントカードにハサミを入れて処分しても解約にはなりません。
購入履歴などの個人情報やTポイントの残高は、Tポイントのサーバーに保管されていて、カードに記録されているわけではありません。
カードにハサミを入れたり、シュレッダーに掛けたりしても、カードが使えなくなるだけで、解約したことにはなりません。
むしろ、正しい解約処理をするために必要なTポイントカードの番号がわからなくなるので、解約が終わる前にTポイントカードを処分するのは逆効果です。

TサイトからT会員ネットサービス登録解除をすればOK → 解約になりません

T会員ネットサービスの登録解除をしてもTポイントカードは解約されません。
T会員ネットサービスは、Tポイントのサービスをインターネットでも利用できるようになるサービスです。
TポイントカードとYahoo!JAPAN IDと連携して、ヤフオク!やYahoo!ショッピングなどでTポイントが使えるようになるのが代表的なものです。
T会員ネットサービスの登録解除をしても、インターネットでTポイントが使えなくなるだけで、Tポイントカードが解約されるわけではなく、Tポイントカードとしての利用は何も変わりません。

T-SITEにログインして「Tカード停止手続き」をしたからOK → 解約になってません

Tカード停止手続きをしてもTポイントカードは解約されません。
Tカードの停止手続きは、Tポイントカードを紛失したときなどに、TポイントやTSUTAYAレンタルなどの機能を一時停止する手続きです。
Tカードの停止手続きをしても、Tポイントカードの機能が停止するだけで、カードが解約されるわけではありません。

TSUTAYAの店頭で解約したからOK → 解約されていません

TSUTAYAの店頭で解約できるのはレンタル会員のみでTポイントカードは解約されません。
Tポイントカードには、TSUTAYAレンタル機能は標準でついていません。
レンタル機能を利用するには、TSUTAYAの店頭でTポイントカードにレンタル機能をつける手続きが必要です。
TSUTAYAの店頭で解約しても、レンタルができなくなるだけで、Tポイントカードとしての利用は何も変わりません。

スポンサーリンク

Tポイントカードを解約する唯一の方法

Tポイントカードの退会届を郵送で提出するしかありません

Tポイントカードを解約して、登録されている情報をすべて削除するには、郵送による解約手続きがかならず必要です。
それ以外の方法で、Tポイントカードを解約して登録情報を削除することはできません。

スポンサーリンク

Tポイントカードの正しい解約手順

事前準備

解約手続きをする前に、不要なサービスを解約しておきましょう。
特に、TSUTAYA DISCASの有料サービスが解約されていないと、Tポイントカードの解約はできません。
また、TSUTAYAレンタルも返却して、もし延滞金がある場合は精算しておきましょう。
最後に、Yahoo!ショッピングなどで残っているTポイントを使い切っておくのもいいですね。

解約するTポイントカード番号を特定する

解約したいTポイント番号を確認しましょう。
Tポイントカードは下記の3つがあるので、解約したいカードの情報を確認しましょう。

カード番号が16桁のTポイントカードを解約したい

黄色いTロゴの入ったカードです。
0または9から始まる16桁のカード番号が必要です。

カード番号が9桁のTポイントカードを解約したい

TSUTAYAのロゴが入った会員証タイプのカードです
9桁のカード番号が必要です。

モバイルTカードを解約したい

スマホアプリのモバイルTカードのみを使っていて、プラスチックカードを持っていない場合です。
Tサイトのポイント履歴ページから確認できる「Tポイントお問い合わせ番号(16桁)」と、モバイルTカードに記載されているTカード番号が必要です。

解約の届出書をダウンロードして印刷

Tカードの解約届出書は、Tポイントカードの発行元であるCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)のサイトからダウンロードできます。
解約に必要な書類は、届出書 2(Tカード登録情報の変更・退会/削除)です。
手書きで記入して郵送で提出するので、届出書をA4用紙に印刷しましょう。
プリンターがない場合は、PDFをSDカードなどにダウンロードして、コンビニのマルチコピー機で印刷しましょう。

解約の届出書を記入

届出書 2(Tカード登録情報の変更・退会/削除)を記入します。
2の請求種別の、Tカードの退会 / Tカード登録情報を全て削除 と、退会・削除と同時に、T 会員ネットサービス登録も解除する にチェックしましょう。
3の請求対象者情報には、解約したいTポイントカードの番号と、氏名、生年月日、性別、住所、電話番号を記入します。
4と5は記入不要で、6の送付物は、本届出書と本人確認書類等にチェックをいれましょう。
これで、届出書は完成です。

本人確認書類のコピーを準備する

次の4点を満たしている本人確認書類のコピーを同封する必要があります。
1.氏名・生年月日が印字されている
2.現住所が記載されている
3.公的機関、もしくは学校や会社が発行している
4.有効期限内である

具体的には、運転免許証や運転経歴証明書、健康保険被保険者証、学生証、社員証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書、障害者手帳 (身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳など)、住民基本台帳カード、市民証など、その他自治体が発行する証明書 などです。
本人確認書類に、氏名、現住所、生年月日、発行者、書類の種類・有効期限または発行日・発行番号以外の情報が書かれている場合、不要な部分は塗りつぶしておきましょう。

届出書と本人確認書類を簡易書留で送る

記入した届出書本人確認書類(コピー)を封筒に入れて、簡易書留で発送します。
簡易書留は郵便局の窓口から発送します。
通常であれば、郵便料金は392円(82円+簡易書留310円)です。
Tポイントカードを送る必要はないので注意してください。

これでTポイントカードの解約手続きは完了です。