嵐が2020年で活動休止 原因はあの人? 解散の危機は否定 コンサートはどうなる

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

20年目を迎える2020年末に嵐が活動を休止

メンバーが公式ファンサイトでそれぞれ発表

国民的なアイドルグループの嵐が、2020年一杯で活動を休止することが明らかになりました。

発表されたコメント

リーダーの大野智のコメントは以下の通りです。

 僕たち嵐はたくさんの話し合いを重ね、2020年12月31日をもって嵐としての活動を休止させていただくことになりました。突然の発表で驚かせてしまっていると思いますが、まず誰よりもいつも応援してくださっているファンの皆様に僕たちの決断をちゃんとお話しさせて頂きたいと思います。

 2017年6月中旬ごろに僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました。その内容は2020年をもって自分の嵐としての活動を終えたいと嵐20周年、そして2020年という区切りで一度嵐をたたみ5人それぞれの道を歩んでもいいのではないかと、また、勝手ではありますが一度、何事にも縛られず自由な生活をしたいと自分の思いを伝えました。

 メンバー1人1人とも何度もあって話をしました。その後は5人で何度も何度も話し合った結果、2020年をもって嵐を休止するという決断に至りました。メンバー個々の思いもあります、その思いを背負いながら2020年いっぱいまで走り抜きたいと思っております。

 急な発表ではありますが、今までずっと僕らのことを支え続けてくださったすべての関係者の皆様、そして何より僕たちをずっと応援し続けて下さったすべてのファンの皆様、本当に申し訳ありません。言葉では表せられないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました

 2020年までの残りの期間、今、自分にできる使命をきっちりと果たしていきたいと思っております。

スポンサーリンク

20周年コンサートの購入条件が話題に

嵐が4月から行う20周年記念ドームツアーは公演数の多さと入場制限が話題に

嵐が4月から行う20周年記念ドームツアー「5×20」and moreの追加日程が発表されたばかり。
アニバーサリーツアーは全50公演・総動員数237万5,000人という公演数の多さと、「申し込み代表者も、一緒にいく同行者も両方が「嵐のファンクラブ会員」でないといけないというファンクラブ会員限定のツアーになったことが話題になっていました。